「人々」や「国々」の「々」は漢字ではなく記号である

「人々」や「家々」など、前の漢字を繰り返す際に使われる「々」という漢字らしきものは、実は漢字ではなく単なる記号(マーク)に過ぎません。
広く使われていて、漢字であると勘違いしている人がほとんどでしょう。

「々」が漢字ではない証拠に、「漢字源」のデジタル版で、「々」を検索しても出てきません。その他の漢和辞典で画数3画を調べても「々」は載っていません。

「々」は、カタカナのノとマを組み合わせたように見えることから、「ノマ点」とよばれることもあります。
ネット辞書のWeblioで「々」を調べると、次のようになっています。


読み方:のま、ノマ
対訳: kanji repetition mark

”kanji repetition mark”(漢字繰り返しマーク)、まさにその通りですね。

同様の記号に、ひらがなの繰り返しを表す「ゝ」カタカナの繰り返しを表す「ヽ」、表などで上と同じことを表す「〃」なども繰り返し記号であり、まとめて「踊り字」といわれます。

ところで、「々」をパソコン・スマホで入力するのに、わざわざ「人々」と打ってから「人」を消去するのは面倒ですね。これらは「おなじ」または「くりかえし」または「どう」と入力して変換すると、候補として出てきます。
覚えておくと便利かもしれませんね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP