新聞紙を42回折りたたむと、月より遠くへ行ってしまう

厚さ0.1ミリの新聞紙を、一回折りたたむと、厚さは0.2ミリとなります。
2回折りたたむと、厚さは0.4ミリとなります。
新聞紙を折りたたむ
5回、6回と折りたたんだところで、大した厚さにはなりませんね。何しろ、厚さ0.1ミリの新聞紙のことだから。

それに、新聞紙を折りたたむのは、現実には、6回ぐらいが限度でしょう。
どんなに頑張っても、7回も折りたためるかどうか。

仮に7回折りたたんだとして、その時の厚さは、
 0.1ミリ x 2の7乗 = 0.1ミリ x 128 = 12.8ミリ となる。

まあ、現実には折たためない新聞紙ではありますが、仮定の話として、これを42回も折りたたんでいくと、仮定の新聞紙の厚さはどこまで大きくなるか、想像できますか?

何と、月まで届いてしまうのです。
新聞紙をたった42回折りたたんだだけで、その厚さは、月を通り越して、さらに向こうまで行ってしまうのです。

倍々ゲームで42回繰り返すと、2の42乗ですので:
 2の42乗 = 4,398,046,511,104
つまり、約4兆3980億 となります。

新聞紙の厚さは:
 0.1ミリ x 4兆3980億 = 4398億ミリ = 43万9800キロ
地球から月までの距離が、約38万キロだから、42回折りたたんだ新聞紙の厚さは、月を通り越して5万キロほど先へ到達することになります。

倍々ゲームの恐ろしさですね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP