田宮五郎さん死去、恋人浅野ゆう子の涙

俳優の田宮五郎さんの死去が11月10日までにあきらかになった。
田宮二郎と田宮五郎

田宮五郎(以下敬称は略す)は、昭和の名優・田宮二郎の次男である。
二郎と五郎だから、兄弟かとおもってしまうのだが、父子である。
田宮二郎は2012年4月に都内の自宅でくも膜下出血で倒れた。翌13日に8時間に及ぶ手術を受け、一時は昏睡(こんすい)状態に陥ったが、リハビリができるまでに回復。その後、闘病生活が続いていた。

長い闘病を支えたのは、女優浅野ゆう子(54)だった。
田宮五郎と浅野ゆう子は、2007年から交際していた
二人の交際があきらかになったのは、田宮が入院中の12年6月。
その時、浅野ゆう子は、「良き理解者である田宮さんは今、“生きていきたい”と前向きに信念を持ち、懸命に病と闘っております」とコメントし、交際を認めた。
二人は当時から同居しており、退院時も浅野が付き添っていた。
五郎の父,田宮次郎は、「白い巨塔」や「悪名」などの代表作がある昭和を代表する大スターであった。
自宅で猟銃で自殺したのは、まことに残念であった。
次郎の風貌をまるで生き写しかと思われるほどに似ていた田宮五郎であったので、彼の面影の背後に、父・田宮次郎を思い浮かべる人たちも多かった筈だ。
田宮二郎も田宮五郎も、そういう一種の影をもつ俳優であった。
その影を支えてきた浅野ゆう子。残された浅野ゆう子の涙をおもうと・・・ただ、田宮五郎さんのご冥福を祈るほかない。
ゆう子さん、頑張って!