Yahoo!検索大賞に羽生結弦、日本エレキテル連合、橋本環奈

Yahoo!検索大賞という賞が有るのをご存じでしょうか。これは「Yahoo!検索」で、1年間に検索数が最も上昇した人物・作品・製品を表彰する賞であり、今年2014年に創設されたものであり、その第1回となる「Yahoo!検索大賞2014」の発表会が12月8日、東京・虎ノ門フォーラムで行われました。
Yahoo!検索大賞に羽生結弦、エレキテル、橋本環奈

Yahoo!検索大賞は、2014年の平均検索回数から、2013年の平均検索回数を引いたものを、2014年の検索急上昇指数とし、パーソンカテゴリー(全8部門)、カルチャーカテゴリー(全5部門)、プロダクトカテゴリー(全5部門)の各部門で急上昇ワードを選し、すべての人名検索で最も急上昇した人が今年の顔となる「大賞」を授与される。
つまり、検索絶対数というよりは、検索急上昇して話題を集めた人を、その年の顔として認定するわけです。
ちなみにYahoo!検索は、毎秒4000件の検索が行われる、名実とも日本の検索の顔に成長したと言えますので、そ急上昇ワードに、世相が反映されるのは当然です。

2014年のパーソンカテゴリー8部門の受賞者は次の通りです。
・俳優部門   市川海老蔵さん
・女優部門   石原さとみさん
・お笑い芸人部門 日本エレキテル連合さん
・モデル部門  筧美和子さん
・アイドル部門 橋本環奈さん
・ミュージシャン部門 SEKAI NO OWARI
・スペシャル部門 HIKAKINさん
・アスリート部門 羽生結弦さん
そして、その中から大賞に輝いたのは、フィギュアスケートの羽生結弦さんでした。
(ううーん、納得。)
羽生選手にはドラマがあった。とくに稽古中に中国選手と衝突して、けがを押して演技を披露したり、その後の試合出場を巡って、試合後もながく出場を控えるべきだった、いや本人の希望だから出てよかった、と話題が続いた。
お笑い芸人部門に輝いた日本エレキテル連合は、授賞式には素顔で登場。
「2015年は、違うキャラでいきたいと思います。検索してくれなきゃ、ダメヨ~、ダメ、ダメ」と得意のギャグを披露してくれました。
この「ダメヨ~、ダメ、ダメ」は、小学生たちに大流行したようで、子どもに人気を博すると売れるようですね。
アイドル部門の橋本環奈さんは「来年ももっと新しいことに挑戦していきたいです。(所属グループの)Rev. from DVLとしては全国ツアー、個人としてはドラマや映画にも出られるようになりたいです」と来年の抱負を披露。
流行語大賞やら、検索大賞やら、こうして年末がすぎていき、大晦日へ向かうのであります。
ああ、また一年が終わろうとしている。
【これも読んで下さい】 羽生結弦の衝突事故の衝撃は、コンクリートの壁にぶつかった程スゴイ