スマホが運転免許証になるかも(アメリカで開発中)

スマホ運転免許証

何でもスマホの時代、運転免許証までスマホで済ませようという試みが、アメリカのアイオワ州で実現にむけて開発中だとか。
現在の運転免許証は、プラスチックカードになって、ずいぶん携行に便利になったのですが、それでも持って出るのを忘れると、免許証不携帯で反則切符を切られます。私も経験あり。
免許証を携行するのを忘れる人も、スマホを携行することを忘れはしないだろうということで、スマホアプリで運転免許証を表示する手段を、アイオワ州で開発が進んでいます。
スマホアプリとともに現行のプラスティックカードとも共存できるそうです。
現在アップルのiOSとグーグルのアンドロイド向けのアプリを開発して、対象者に無償で配布される予定とか。
アプリがいつリリースされるのかは、現時点では明確にされていません。
技術的には、来年(2015年)早々にリリースされてもおかしくないのですが、懸念事項があって、少しためらっているようです。

その懸念事項の一つに、「プライバシーとセキュリティーに関する懸念がある」と、運輸局の広報担当者アンドレア・ヘンリー氏は述べています。
つまり、警察官がドライバーのスマホをチェックする際に、スマホに表示される個人情報を警察官に見られぬようにする必要があるのです。
ヘンリー氏は「スマホが持ち主の手を離れないかたちで」アプリが機能するようになると考えています。例えば、ドライバーはスマホを所持したままで、警察官がドライバーのスマホに触れることなく免許証をスキャンできるようにするのです。
別の懸案事項として、電子データの偽造をどう防ぐかという点があります。
スマホ上の免許証の写真がわずかに動くようにして、スクリーンショットと区別できるようにする機能が検討されているのですが、素人考えでは、偽造がうんとやりやすくなるのではないでしょうか。
ともかく、アイオワ州の試みが全米に広がれば、遅かれ早かれ日本でも、スマホ運転免許証が現れる可能性があります。
まあ、便利なことは便利ですが、そこまでやる必要があるんでしょうか、と思ってしまう人もいることでしょう。(私なども。)
この流れが続けば、ますます「スマホ命」という若者が増えるのではないでしょうか。
便利なものを一点に集中すると、その一点が崩れたり、無くしたりしたときのダメージがすこぶる大きい。
便利さと危険性とは表裏一体であることを忘れないでもらいたいものです。