香典袋と手紙の文例

香典袋の表書きの文字は、薄墨の筆で書くことが常識とされています。これは涙で墨が滲んで薄くなるということを表しています。

香典の相場とマナー

香典を辞退する時はどうすればよいか。昔は香典を頂いたら、香典帳に住所、氏名、金額を記し、頂いた方のご家庭に不幸があった場合、おなじ金額の香典を返していました。

香典の相場とマナー

香典を包む際に連名で包むことがあります。連名で包むというのは、一人分を香典袋に包むのではなく、何人分かをまとめて香典袋に包むことをいいます。

香典の相場とマナー

会社関係の香典のマナーについて解説します。会社の上司、部下、同僚、またはその家族が亡くなった場合に、香典を包みます。包む金額の相場は、出す側の年齢や故人とのの関係、親しさによって変わります。

香典袋と手紙の文例

遠方から会葬に訪れた方や、弔問には来られず香典、供物、供花を送っていただいた方、弔電をいただいた方には忘れずお礼状を出しましょう。

香典の相場とマナー

本来、香典はお返しをするものではありませんが、仏式では49日(七七日忌)の忌明け後に、品物にあいさつ状を添えて贈るのが一般的になっています。

香典の相場とマナー

香典の相場について解説します。香典は故人との関係で変わってくる。香典は故人を弔う気持ちが大切であり、金額はその次なのですが、近年の金額の相場は次のようになっています。

葬儀・通夜の基本マナー

葬儀に参列するのに、数珠を持って行きます。数珠について解説します。