香典の中袋の使用法

香典中袋の書き方

葬儀通夜のマナーと香典の相場

香典の中袋の書き方はまず、表面中央に金額をたてに書きます。
香典の金額を書く際に使われる漢数字、文字は次のようなものとなります。

 壱 弐 参 四 五 六 七 八 九 拾 
 百 阡 萬 円 圓 金 也

例えば、5,000円を包む場合は「金五阡円」(金五千円)と書き、「也」はつけません。

香典袋によっては裏面に金額を書き入れる枠が用意されているものもあります。その場合はそこに書き入れましょう。
裏面には左下部分に郵便番号と住所、氏名を書きます。

金額、住所、氏名ともに省略や略字を使うことはせず、楷書で正しく書きましょう。

また中袋も表書きと同様に、毛筆で記入するのが常識とされています。
“涙で墨も滲み薄まってしまった””急なことで墨が十分用意できなかった”という意味を表し「薄墨」を用います。

ボールペンなどは用いずに、筆が無い場合には筆ペンを用いるようにします。

香典の中袋にはちょっとした配慮をしよう

中袋は表袋とは別々に管理する場合もありますので、表袋に住所を書いたとしても、中袋に再度記入してください。

喪家が後に整理することを考えて、気遣いを一番に考えましょう。

香典袋へのお札の入れ方

お札を入れる際に、お札が複数の場合は、裏表、向きをきちんと揃えて、お札の表面(顔が書いてある面)が中袋の裏側になるようにします。

中袋を香典袋に入れるときは、香典袋を開けた際に、中袋の表が見えるようにします。

新札を入れることは、昔から「不幸に対して用意していた」と思われ失礼にあたるとされていました。しかし、そうかといって汚いお札を包むことも返って失礼です。新札でない新しいお札か、新札に折り目をつけて包むようにするのも一つの方法です。あまりに深く考えすぎる必要もありませんでしょう。