バラの切り花を元気な姿に復活させる裏技

バラの切り花を元気な姿に復活させよう

バラの切り花を元気な姿に復活

バラは1本でも存在感があり、プレゼントしては最適なお花ですが、切り花は「枯れやすい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

確かにバラの切り花は、水の吸水力が悪く、他の花と比較すると早くしおれてしまう場合があります。しかし、しおれてしまったからといって、すぐに諦めないでください!

薔薇の切り花が一度ぐったりしても、元通りの姿に戻す方法があります。

ぐったりしたバラの切り花を復活させる方法

まず、新聞紙を用意しましょう。
新聞を2つに折り、その上に花を乗せます。

この時、新聞の左上の隅に花の部分がくるように、斜めに置きます。
花の形を整えます。ぐったりしている部分は、上向きに直してあげましょう。

花が下向きのままだと、そのままで固定されてしまうので、注意しましょう。
花の形が整ったら、左上から新聞紙で花をくるくる巻いていきます。

お花を上向きに保ちながら巻くのが難しい場合は、立って、お花を下向きに持ちながら巻いていきましょう。

この時、茎が全部隠れてしまわないように、茎の下10cm程度は新聞から出ていると良いです。新聞紙が大きい場合は、折るなどして調節してください。
バラの切り花を復活させる裏ワザ
巻き終わったらテープでとめます。
お花がグラグラしないか、確かめてみてくださいね。

きつく巻きすぎるとお花を傷めてしまいますが、グラグラしてお花が下を向いてしまうと効果がありません。調節が難しいですが、程よく巻いてみましょう。

後は、茎を切ります。
水の中で切る必要はありません。
茎の下1cm程度、ひどい場合は10cm程度切ってしまいましょう。
切ったら水に入れておきます。

これで完了です。1、2時間程度そのままにしておき、その後新聞を取ってみます。
まだグラッとするようだったら、もう1度巻き直し、さらに1時間程待ちましょう。

この方法で、大方の場合、元の元気な姿に戻ります。
元気になったバラは、さらに愛おしく感じてしまうでしょう。
是非試してみてください。