バラのブリザーブドフラワー

枯れない花プリザーブドフラワーとは

バラのブリザーブドフラワー

お花は見ているだけで優しい気持ちになり、プレゼントとしても最適なものです。とはいっても、お花は生き物です。購入後はきちんとしたお世話が必要ですし、手入れをしてもいつかは枯れてしまうものです。

お花のお世話が面倒、ずっと美しさを楽しみたい、という人に、「ブリザーブドフラワー」はいかがでしょう。最近とてもプレゼントとして人気のあるものです。

プリザーブドフラワーとは、最新の保存加工技術によって、お花の形や柔らかさ、色合いを永年に楽しむことができるものです。
1991年、フランスのVermont社によって開発されました。

お花の水分を抜いて、その代わりに人体に無害な保存料を吸収させる「プリザベーション加工」によって、本物のような姿を維持できるようにさせました。

プレゼントに最適なプリザーブドフラワー

欧米では、数年前から親しまれており、最近では日本でもお店で良く見かけるようになりました。
プリザーブドフラワーとして、良く出回っているものはバラですが、最近では小花など、色々なお花を組み合わせたものが登場してきました。

本物のお花を使っているために、造花とも違いますし、生花のようにお水をあげて世話をする必要はありません。
また、人工のものですが、保存料は体に無害なので、お肌の弱い人にも安心です。

実際にはない色合いのお花を作ることができるのも、大きな特徴です。
自然界では珍しい青いバラなども楽しむことができますよ。

値段は本物のお花より、少し割高になりますが、長く楽しむことができることを考えると、お得かもしれません。
プレゼントとしても記念に残るものになるでしょう。

素敵なブリザーブドフラワーを見つけて、クリスマスやお誕生日に、大切な人に贈ってみてはいかがでしょう。