バラの切り花を長持ちさせるポイント2

バラを長持ちさせるための簡単なポイント

バラの切り花を長持ちさせるポイント2

女性にプレゼントすると、とても喜ばれるバラですが、お家での管理はなかなか難しいものです。

最初に花瓶にいける時は、茎の吸水力をアップするために、茎の先端をスパッと水中で切ってやる「水切り」をしてやりましょう。

また、花瓶の中に砂糖を加えたり、中性洗剤を数滴たらすことで、水の腐敗を防ぐことができ、バラを長持ちさせることができます。

花瓶の置き場所は、風や直射日光が直接あたらず、寒暖の差が少ない場所がベストです。
以上のような最初の作業がポイントになりますが、その後の毎日のお手入れもとても大切ですよ。

バラの水は毎日替えると長持ちする

花瓶の水は、毎日替えてやると、よりお花が長持ちします。
この時、花瓶の中のぬめりは綺麗に取っておきましょう。

また、茎を触ってみてヌルッとしていたら、水道水でぬめりの部分を洗ってやります。
指の腹でこするように、優しく洗ってやりましょう。

さらに、茎の先端が茶色に変色していたら、その部分を切り落としておきます。
放置しておくと、バクテリアが茎の中に入り、導管がつまって吸水力が低下してしまいます。

お花に良いとは分かっていても、毎日の水替えは少し大変かもしれません。
忙しい場合は、2日に1回くらいでも大丈夫です。

冬場など、寒い日が続く場合は3、4日替えなくても大丈夫でしょう。
注意をしなければいけないのは夏場です。水が腐りやすく、花も痛みやすいので夏場は毎日水替えをしましょう。

また、バラだけではなく、カスミソウなどの、茎が柔らかい植物と一緒に入れている時は、水の腐敗が早くなります。
季節を問わず、毎日水替えすることが長持ちさせるためのポイントです。