バラの切り花を長持ちさせるポイント1

バラを長持ちさせる方法

 “バラの切り花を長持ちさせるポイント1”はロックされています。 	 バラの切り花を長持ちさせるポイント1

バラの花というのは、もらっても嬉しいですし、贈るのも楽しいものですね。
頑張っている自分へのご褒美のために購入するのも、素敵です。

でもバラって、きれいな花束を購入してもすぐにしおれてしまう、まだ開ききっていないのに終わってしまった、という経験がある人が多いです。

バラを長持ちさせるのは難しい、というイメージがありますが、せっかくなら、できるだけ長く楽しみたいものです。
では、バラを長持ちさせる方法を勉強しましょう。

バラを飾る場所

バラだけに限らず、植物は根から水を吸って、葉の気孔と呼ばれている部分から水分を蒸散させています。枯れてしまう、という状態は、吸水よりも蒸散の方が長く続いてしまい、植物の中の水分が不足してしまっている状態ということです。

このような状態を作ってしまう原因は何でしょう。

・温度や湿度が高く、葉からの蒸散が大きくなり過ぎてしまう。
・根からの吸水力が少なくなってしまっている。

以上の2点が考えられます。
まず、温度や湿度などの環境問題はすぐに解決できます。

バラを飾る場所は、直射日光があたらず、風通しの良い所にしましょう。
根の吸水力の低下は、茎の中にある水を吸い上げる管「導管」が、様々な理由でつまってしまうことによるものです。

バラの水切り方法

導管を良い状態で保つためには、最初に花瓶に生ける時にポイントがあります。
まず、バケツの中などに水をはり、その中に茎の先をつけます。

水中で、茎の先を1cm程度ハサミで斜めにカットします。その後、2秒程度水中に入れておきます。
これを「水切り」といいますが、この作業を行うことにより、茎の吸水力がアップするのです。

花瓶の中に入れる時は、下の方の葉は切りおとしておきましょう。
水の中の葉が腐ると、水を汚して、花が弱ってしまう原因になってしまいます。