バラの部位や状態による花言葉

バラの部位による花言葉

バラの部位や状態による花言葉
女性に贈る花として、定番のお花に「バラ」がありますね。

バラの花言葉は愛や恋、また色によっても違いがあり、赤いバラは情熱的、白いバラには純潔や尊敬などという花言葉があります。

色だけではなく、バラの部位によっても花言葉に違いがあることを知っていましたか?

・バラの葉には、「希望がある」「頑張れ」などという励ましの意味があり、
・枝には「あなたの不快さが私を悩ませます」などと複雑な花言葉があります。
・バラといえば棘(とげ)がつきものですが、この棘にも花言葉があり「不幸中の幸い」という意味があるのですよ。

バラの状態による花言葉

また、バラの状態によっても花言葉に違いがあります。

・多弁のバラは「誇り」「バカにしないで」
・一重のバラには「清純な愛」「静かな愛」
・満開のバラには「私は人妻」などと意外な花言葉があります。

しおれているバラにも花言葉があり、
・しおれている赤いバラには「はかない」
・白いバラには「つかの間の印象」という言葉がありますよ。

棘(とげ)のないバラは優しい印象を受けますが、やはり「誠意」や「友情」などという友好的な花言葉があります。
また、棘のないバラの蕾には、「まだウブで怖い」といった言葉があります。

可憐な野バラには、「やさしい心」という言葉があるのです。

バラにはこんなに色々な花言葉があるなんて・・・。バラの花言葉博士になったようですね。

バラを贈る側としては、いろいろ考え出すと大変ですが、バラ本来の持っている美しさは変わらないので、いいなぁと思ったバラを選ぶのがいいです。

何より、自分が相手のことを想って気に入ったお花を選ぶことが大切です。
花言葉を使う時は、良い意味の花言葉だけを添えてプレゼントしましょう。