花の配送サービスを利用する時の注意点

お花の配送サービスを利用するときの注意

花の配送サービスを利用する時の注意点
お花のプレゼントというのは素敵ですね。
サプライズなプレゼントだと、相手の喜びも大きいものですね。

お誕生日や記念日などに突然、バラの花束が届く、なんてとてもお洒落ではないですか?

直接手渡せる場合は良いですが、突然のプレゼントで配達を利用する時は、相手の予定に注意しておく必要があります。
お花屋さんは、状態の良い花を指定された日の早い時間に届けてくれます。

届け先が不在の場合は夜や、翌日になってしまいます。

通常、プレゼントとしてのお花は1週間程度はもつのですが、お花は生ものなので、日に日に悪くなってきてしまいます。
届いた時には、元気がなくなっていた、ということがあると、せっかくのプレゼントも寂しいものになってしまいますね。

受け取った時にお花が傷んでいた場合、良心的なお花屋さんなら再出荷してくれる所もありますが、送られた方は、お花が傷んでいたとはなかなか言い出せないものです。

また、翌日までに配達できなかった場合、お花によっては廃棄処分になってしまうこともあります。
そうなると送った側の責任となり、再びお願いする場合は全額負担となってしまいます。

お花を頼むときは早めに手配しよう

当日まで内緒にしておいて、相手をびっくりさせたいという場合、相手が家にいるかどうかは確認しておきましょう。
日時指定でお花を送る場合は、3日前までには花屋さんにお願いしましょう。
また、お花の指定がある場合は1週間前までには予約するようにしましょう。

お花は農作物と同じです。

予約した日に指定のお花が用意できるように、農家の人に収穫しておいてもらうのです。予約しておいても用意できない場合もあります。

また、予約によっては金額がアップする場合もありますから注意しましょう。