バラの鉢植えの基本的な育て方

バラの鉢植えを育ててみよう

バラの鉢植えの基本的な育て方

「バラのプレゼント」は、豪華な花束や、可愛らしいアレンジメントをイメージする人が多いですよね。
バラの花こそ女性のよろこび
しかし、バラの鉢植えもまた、プレゼントとして喜ばれるものです。

花束やアレンジメントのバラは、時間が経つにつれて元気がなくなり、やがて枯れてしまいますが、鉢植えなら、長く花を楽しむことができます。

また、育てるという楽しみがあるのも、鉢植えの大きな特徴です。
ガーデニングが好きな人へのプレゼントなら、鉢植えは最適なプレゼントになるでしょう。

そして、プレゼントするからには、贈る側としても、バラの育て方をしっかりと勉強しておくのがよいでしょう。

バラの水やり方法

水やりは、それほど神経質になる必要はありません。「土が乾いたら与える」ということを基本にして、冬場なら1日~2日に1回、夏は1日に1、2回程度にしておきましょう。

与える量は、鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと与えましょう。

バラは肥料が大好き

バラは肥料が大好きです。特に鉢植えのバラは、鉢の中だけでしか栄養分を補給できないので、肥料は忘れずにあげましょう。
肥料には、液体タイプ、堆肥タイプ、固形タイプなどがあります。

お好みの物を使えば良いですが、それぞれのパッケージに書かれている、決められた量や与え方に気を付けましょう。肥料は過剰になると、枯れてしまいます。

バラの剪定方法

剪定も必要です。
枝を切ってしまうのは、ちょっとかわいそう、と思ってしまう人もいるかもしれませんが、バラを美しく元気に育てるためには必要なことなのです。

剪定のタイミングは1年に2回で、「芽が伸びだす前」と「咲き終わった後」です。
芽が伸びだす前は、2月中旬頃が良いでしょう。

枯れ枝や、細い枝を切り落とし、丈夫そうな枝が盃状になるようにカットします。
高さは50cm程度で、芽の少し上のあたりで斜めに切ります。

咲き終わった後の剪定は、8月~9月あたりです。
枯れた枝や元気のない枝を切り落として、夏に伸びた枝を全体のバランスを見ながら整えていきます。

また、バラは葉に虫が付きやすいので、薬をかけるのが嫌な人は、木酢液などを散布するとよいでしょう。

肥料や剪定作業など少々面倒な気もしますが、上手に育てていけば、年ごとに大きくなりますよ。大きくなった株は、植え替えてやることで、さらに大きく丈夫に育ちます。

「これはあの時のバラだね」という話もまた楽しいものですね。