良いバラの選び方(2)

良いバラを選ぶポイントは茎

良いバラの選び方(2)

女性に贈ると誰にでも喜ばれるバラですが、せっかく贈るのであれば、良いバラを選びたいですよね。
バラの花こそ女性のよろこび
良いバラとは、どんなバラでしょう。

やはり、鮮度が良く、健康なバラですよね。
葉や花びらを見てもそのバラの鮮度が分かりますが、大きなポイントになるものは茎なのです。

水桶につかっている茎部分が、ぬるぬるしていたり、傷んだりしているようだったら、鮮度が悪い可能性が高いです。

バラの蕾から見る鮮度

もう1つ、大きなポイントとなるものに、蕾があります。
購入後も花を長く楽しむためには、咲いているものよりも蕾の状態のものを購入した方が良いです。

この蕾が硬いものほど、鮮度が良いものといえますよ。
しかし、花屋さんで蕾をつまんで確認することは、ちょっと難しいと思いますが。参考までに、覚えておいてください。

蕾の花びらの巻きが少ないものも、鮮度が悪い可能性があります。
こちらは見た目だけでも分かりやすいですよね。

バラ全体からみる鮮度

全体的な姿も見てみましょう。
やはり、生き生きとしていて、ヒョロヒョロではなく、しっかりと立っているものがおすすめです。
花から葉までの距離もチェックしてみましょう。

距離がより短いものの方が、元気で鮮度が良いバラといえますよ。
バラの値段でも、良さが分かるでしょう。

やはり、葉や花の色が美しく、鮮度が良いバラは、他のバラよりも値段が高い場合が多いです。
大切な人に贈るバラなら、少々高くても、鮮度が良く、長く楽しんでもらえるバラを選ぶのがいいでしょう。

お店でバラをチェックする時のマナーとしては、バラを手にとる時は、一緒に入れてある他のバラを傷めないために、必ずお店の人にとってもらうようにしましょう。