バラの栄養と効能

バラの栄養と効果

バラの栄養と効能

バラは1本あるだけで存在感があり、とても豪華で美しい花ですよね。
見た目だけでなく、その香りも魅力の1つですが、バラは食用としても楽しむことができるのですよ。

気になるバラの栄養成分は、代表的なものにビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどがあります。

その他、女性に嬉しい効果が沢山あります。たとえば、

・お肌を活性化させる効果
・新陳代謝を良くして冷え性を防止する効果
・卵胞ホルモンの分泌を促す効果

その他に、
・更年期障害を軽減させる効果
・体の免疫力を高めてアレルギー症状を改善させる効果などもあります。

バラは健康面からも、さまざまな効果が期待できるのですね。

バラを食べて香りを楽しむ

また、バラを食べるということは、同時にバラの香りも楽しむことができるということでもあります。
バラの香りにも、様々な効能があります。

なんといっても、その良い香りからリラックス効果が期待できます。
そして、バラの香りは脳を活性化させて、美肌への効果もあるのです。

さらに、女性ホルモンの1つである、エストロゲンの分泌を促す作用があるため、更年期障害の軽減や、異性を引き付ける作用があるとも言われています。

その他にも、消化器官の活性化や、加齢臭や口臭も抑えることができます。
バラを食べることに抵抗がある人は、アロマやオイルなどで、香りだけを楽しむのもいいでしょう。

また、バラジャムといって、バラの花びらを砂糖と煮てジャムにしたものを、紅茶に入れていただくと、とてもリラックスしますよ。

プレゼントとして最適なお花ですが、是非日頃頑張っている自分へのご褒美に、バラを買ってみてはいかがでしょう。
心も体も、癒されること間違いなしです。