バラの色はTPOに応じて

御見舞いでのバラは

バラの色はTPOに応じて
お花のプレゼントといえば、バラを思い浮かべる人が多いですね。

お花屋さんでバラを選ぶ時、色や大きさ、形などがさまざまあり、どれを選んだらよいか迷ってしまうでしょう。基本的に、相手や自分の好みに合わせたものを選ぶのがいいですが、時と場合に応じたものを選ぶことも大切です。

病気やケガをしている時には、綺麗なバラをもらうと、それだけで心が癒されることでしょう。お見舞いの品としてバラをプレゼントする時は、元気が出そうな、黄色やオレンジ色などの明るい色を選びましょう。

ミニバラなどの鉢植えも可愛いですが、鉢植えはお見舞いには向かないものとされています。根があることから、「寝付く」ことを連想させてしまうのです。

また、鉢花の土が原因で起こる病気があるので、病院に持っていくのは避けた方がよいでしょう。
ですから、花束やアレンジメントを贈るようにしましょう。
また、「4本」「9本」など、不吉な数字の本数にすることも避けておいた方が良いですよ。

出産祝としての贈り物のバラは?

出産祝いとしてのプレゼントには、濃い色よりも、淡い、やさしい色が良いでしょう。
赤ちゃんのお世話で忙しいお母さんなので、お水の入れ替えの必要のない、アレンジメントや鉢植えが喜ばれるかもしれません。

新築祝いで贈るバラの色は?

新築祝いとして贈るなら、強い色は避けるようにしましょう。
家具やお家の雰囲気に合わない場合があります。
どの場所にでも合うような、白やピンクのバラが良いですね。
花束をプレゼントする時は、素敵な花瓶も一緒にプレゼントすると、すぐに飾ることができて良いでしょう。

結婚祝にはこんな色のバラは?

お友達の女性の結婚祝いとしてなら、青色系のバラがおすすめです。
「サムシングブルー」の言葉に従って、お友達の幸せを願って、心をこめてプレゼントするとお洒落ですよ。