幻の青いバラとは?

幻の青いバラ

幻の青いバラとは?

バラには色々な種類がありますが、バラといえば赤やピンク、黄色や白などが一般的ですね。
ところが2004年、酒造メーカーのサントリーが、世界初「青いバラ」を作ることに成功したのです。

販売は2009年には開始されるようです。
バラ花こそ女性のよろこび

植物の花の色を決める色素には、色々な種類があり、そのうち青色の色素で重要なものが「デルフィニジン」というものなのです。

バラには、このデルフィニジンが含まれておらず、既に開発されている、紫色に近い青っぽいバラにも、この色素は発見されませんでした。

このようなことから、青いバラは、実現不可能な幻のバラとして、語り続けられてきたのです。

青いバラの開発過程

この不可能といわれてきた青いバラについて、サントリーはオーストラリアのフロリジン社と共同して、1990年から研究に着手しました。

この研究の過程で、ペチュニアなどに含まれるデルフィニジンを使って、青いカーネーションの開発に成功したのです。

その後、バイオテクノロジーを用いた開発が進み、パンジーのデルフィニジンを作る遺伝子を、バラに組み込んで機能させ、デルフィニジンを持っている青いバラを作り出すことに成功したのです。

たくさんの研究者の力によって、長年かかって生み出された青いバラ。
これまでになかった珍しい青いバラは、特別な人へのプレゼントにも喜ばれることでしょう。
もちろん自宅やお店、オフィスなどを飾ってみても、とても素敵です。

発売後は、是非一度青いバラの美しさを楽しんでみましょう。