マッサン「麦の唄」(中嶋みゆき)に籠められたエリーの心情

NHK朝ドラ「マッサン」の主題歌がすこぶるよい。
主題歌「麦の唄」を歌うのは、中嶋みゆきさん。彼女の歌唱力は抜群だ
マッサン麦の唄の故郷

なつかしい人々  なつかしい風景
その総てと離れても あなたと歩きたい
嵐吹く大地も 嵐吹く時代も
陽射しを見上げるように あなたを見つめたい

ドラマの初めに此の唄が流れてくると、それだけで胸が詰まる思いがする。
懐かしい人々と懐かしい故郷を離れて、異国の地で夫の夢実現を助けるエリーの心情が胸に迫ってくる。

麦に翼はなくても  歌に翼があるのなら
伝えておくれ故郷へ ここで生きてゆくと
麦は泣き 麦は咲き 明日へ育ってゆく

「麦は泣き、麦は咲き」、そうだ、麦だって泣きたい時はある。そんな時は精一杯泣くがよい。
そして時期が来れば「麦は咲き」、明日へ育ってゆくのだ。

スコットランドのウイスキーを、日本で初めて作りたいという夫・政春の夢を、スコットランド人の妻エリーが助ける。
やはりその土地の産物というものは、その土地と深く結びついている。
それを異国の日本へ移そうというのは、並大抵の努力では叶わない。
スコティッシュの妻エリーが、それを助ける大きな力となるのはいうまでもない。
エリーがさんざん苦労して、日本の土地と日本の人々になじんでいくように、スコッチウイスキーも日本の土壌に根をおろしていく。
中嶋みゆき「麦の歌」は、みごとにそのことを歌い上げている。彼女の歌唱力はすごい。
ドラマ「マッサン」の主人公は、マッサン・政春である。
しかし、スコットランドの響きを全身に籠もらせている妻エリーなくして、マッサンの夢が叶うとは思えない。
主題か「麦の唄」は、そのことをよく現している。「麦の唄」で歌われているのは、妻エリーの心情なのだ。
マッサンの妻エリーこそ、ドラマ「マッサン」の裏の主人公といってよい。
エリーちゃん、頑張って。