紅茶に適した水とは

紅茶に適した水とは

美味しい紅茶を入れるためには、水が質が重要です。
紅茶の美味しい入れ方

紅茶のいれ方の基本といわれる、ゴールデンルール(紅茶の美味しい入れ方)で、最初に挙げられているのが、水についてです。

では紅茶を美味しく入れるためには、どのような水が適しているのでしょうか。

紅茶に適した水

新鮮な(空気の多い)水

まず、水が新鮮であるということが重要です。
新鮮な水というのは、汲みたての水です。

汲み置きしたばかりの水は、たっぷりと空気が含まれていますが、時間が経つに連れて、水中の空気が抜けていきます。

たくさんの空気が含まれている新鮮な水は、ティーポット内で茶葉のジャンピングを活発にさせてくれます。
汲み置きした水や湯冷まし、電気ポットのお湯やミネラルウォーターも適してはいません。

軟水が紅茶に適する

紅茶には水の硬度が重要になります。
水の硬度というのは、水中に溶けているカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量を表します。

1リットルの水に、1mgの炭酸カルシウムが溶けている状態を「硬度1」といいます。

硬度70以下を軟水と呼び、硬度120以上を硬水と呼びます。

水中のカルシウムやマグネシウムの含有量が多いと、紅茶のタンニンの抽出を妨げます。
ですから、硬度の高い水は、紅茶の抽出能力が低いということになります

逆に、軟水は紅茶の抽出能力が高いので、ほとんどの茶葉に適しているということになります。
紅茶の美味しく入れる、ゴールデンルール(紅茶の美味しい入れ方)にも、「軟水使用」とされているのはこのような理由からです。

軟水はダージリンなど、香りを楽しむ茶葉やファーストフラッシュの茶葉には、とりわけ適しています。
硬水はタンニンの抽出力は低いのですが、甘み成分であるアミノ酸を多く抽出することができるのです。

渋みが強くて、クセのあるアッサムなどの茶葉には、硬水でタンニンを抑え、かつ甘みを取り出すことができます。

このように、紅茶の種類によっては、硬水が適することもあるのです。

日本の水道水は、硬度60~70の軟水のところが多いので、ほとんどの茶葉が美味しく入抽出されます。

ミネラルウォーターは鮮度が低いものが多く、ヨーロッパからの輸入ミネラルウォーターは、硬度が高いので、紅茶には適していません。

美味しい紅茶を入れるには、日本では、汲みたての水道水の方が、輸入ミネラルウォーターよりも紅茶には適しているということです。