セイロン紅茶の高級品ウヴァ

ウヴァは3大ハイグロウンティーの一つ

紅茶の美味しい入れ方

セイロン紅茶の高級品ウヴァは、セイロンティーの中でも、高品質の3大ハイグロウンティーの一つです。

ウヴァはまた、インドのダージリン、中国のキーマンに並ぶ、世界3大銘茶の一つでもあります。

ハイグロウンティーは、標高4000フィート(約1300メートル)以上の高地で栽培される茶園と製茶工場で作られる紅茶で、高級茶の代名詞です。

(ハイグロウンテイーについては、前記事『スリランカ紅茶の品質区分』をお読みください。)

ハイグロウンティーの中でも、ウヴァは、スリランカ中央山脈の南東に位置する、標高1300m以上の高地において、茶葉の収穫から発酵(生産)そして梱包までのすべての行程を行うので、ハイグロウンティーの代表格なのです。

ウヴァの色味と味わい

ウヴァ紅茶の色味は、赤とオレンジの中間色で、明るく澄んだ色です。
セイロンティーの中では最も渋みと酸味が強く、その刺激的な苦味が却って愛好者に好まれています。

ウヴァ独特の芳醇な香りは、ウヴァフレーバーと呼ばれていますが、茶葉によって香りが変化します。

例えば、バラやすずらんのような、花の甘い香りがするものがあります。
また、鼻にスーッと抜けるような、爽快感のあるものや、強い刺激的な香りがあるものなど、製法によっては、さまざまな香りを発するなど色々です。

この香りのあバラエティは、ウヴァの特徴の一つで、収穫時期の違いや茶園によって香りがさまざまなのです。

ウヴァは年中収穫される

ウヴァの生産地は、一年中春のような気候なので、茶葉は年中収穫されます。

7、8月の乾季は、クオリティーシーズンといわれ、高品質なものがとれます。
このクオリティーシーズンに収穫されたものは、ゴールデンチップを含む最高級品とされています。

ウヴァの「ゴールデンリング」

ウヴァの高品質の茶葉は、紅茶をカップに注ぐと、水面の淵が金色にみえます。

これは「ゴールデンリング」と呼ばれているもので、ウヴァの特徴でもあります。

ウヴァをいただく際には、内側が白いティーカップを用いてください。
カップにウヴァを注いで、ゴールデンリングを鑑賞してください。

ティーカップは口がゆったりと広がっているものの方が、よく確認できるでしょう。

ウヴァのような高級茶は、まずストレートにして、香りと味を満喫してみてください。
2杯目以降は、お好みでミルクティーにしても美味しくいただけるでしょう。