紅茶の道具ティーポットの選び方

紅茶の道具・ティーポット

紅茶の美味しい入れ方

紅茶を美味しく入れるためには、「ゴールデンルール」等の入れ方にも気を付けなければいけませんが、道具の選定も重要になります。

まずは、紅茶を入れるための必需品であるティーポットについて解説します。

ティーポットの役割は、茶葉をしっかりと蒸らすことです。
この蒸らすことが、紅茶の美味しさのポイントの一つです。
蒸らしている間にティーポットの中で、茶葉が上下にジャンピングすることで美味しい紅茶ができあがります。

このジャンピングを起こすためには、温度や水中の酸素量も大事な要素ですが、同時に理想的な水の対流を起こせるティーポットの構造も、とても大事です。

したがって、紅茶の三大要素である「色」と「味」を決める要素がティーポットにあるということです。(三大要素の残りの一つは「香り」です。)

ティーポットの選び方

では、ティーポットの選び方のポイントをみてみましょう。

1.ティーポットの形は、なるべく丸いものを選ぶのがいいでしょう。
丸形ティーポットでは、茶葉のジャンピングが上手にできます。

2.ティーポットの蓋(ふた)はちゃんと閉まって、保温性の高いものを選びましょう。
茶葉を蒸らしている間に、温度が下がると、ジャンピングしにくくなります。

3.鉄のティーポットは使用しない方がいいです。鉄が含まれる
ティーポットや、鉄のやかんで水を沸かすのもやめた方がいいです。
これは、鉄分は紅茶の成分であるタンニンと化合して化学変化を起こし、紅茶の抽出の色が黒っぽくなり、味も低下します。

4.ティーポットの注ぎ口は、切れのよいものを選びましょう。
紅茶の最後の一滴は「コールデン・ドロップ」といわれ、一番のうまみが凝縮されている、といわれています。

おすすめのティーポット

ティーポットとしておすすめできるのは、次の様な製品です。

・ボーンチャイナなどの陶磁器製、
・銀製のティーポット、または、
・耐熱ガラス製のティーポット

などです。緑茶用の急須を用いてもよいでしょう。

耐熱ガラス製のティーポットは、蒸らしている間、茶葉のジャンピングが確認できますし、紅茶の色味がわかるので、見ていて楽しいですし、便利でもあります。