ジャンピングを促すティーコジー

紅茶のジャンピングを促すティーコジー

紅茶の美味しい入れ方

茶葉のジャンピングを上手に促すための道具として、ティーコジー(ティーコゼー)という便利なものがあります。

ティーコジーは、ティーポット内の温度を下げないように、ポットを覆うものです。ポットカバーのようなものです。

ジャンピングをうまく起こさせるには、高温を維持する必要があります。
茶葉を蒸らしている間に、ティーポット内の温度が下がると、ジャンピングがしにくくなります。
そこでティーポットにティーコジーをかぶせて、保温効果を高めるのです。

ティーコジーを使うのは、冷たい冬に限りません。
ジャンピングを起こす原理は夏でも同じですので、暑い夏でもティーコジーを使用するのがよいのです。

ティーコジーは、綿がたくさん入った厚手のキルト地のものがよいでしょう。
紅茶専門店などでは、柄のきれいなものを選ぶのもよいでしょう。

気に入ったデザインのティーコジーが見つからないときは、お気に入りのポットに合わせて、好きなデザインで手作りするのもいいのではないでしょうか。

ティーコジーの簡単な作り方

 ・布をティーポットの周囲を一周させます。
 ・ティーポットのもち手や注ぎ口、フタを含めた大きさに、ちょっと余裕を持って裁断します。
 ・両端を縫い合わせて、上部を縫って閉じましょう。
 ・持ち手があると便利なので、上に持ち手(ヒモ)を付けるといいです。
ポットとぴったりのサイズにすると、出し入れが窮屈で少し面倒になります。
逆に大きめにし過ぎると、ティーコジーとティーポットとの隙間ができて、保温性がなくなります。適度な大きさになるように考えて作ってください。

茶葉探しの次は道具に凝ってみては

美味しい紅茶をいただくためには、自分好みの茶葉を探すことが、まず第一でしょう。

紅茶の三大要素の色・味・香りは茶葉によっていろいろとあります。

あなたの好みの紅茶を見つけるには、いろいろと試してみるしかありません。
一度に大量に購入せずに、少量を何度も購入するのがいいです。

お気に入りの茶葉が見つかったら、次には、紅茶をおいしくいれるための道具を集めると楽しさが増します。
とりわけ、茶葉のおいしさを引き出すために、ティーポットの中でよくジャンピング(茶葉の対流)させることが重要ですので、ティーコジーに凝ってみることをおすすめします。