紅茶の保存と管理方法

茶葉は少しずつ購入する

紅茶の美味しい入れ方

美味しい紅茶をいただくには、茶葉は少しずつ購入するのがよいでしょう。
信頼できる茶葉の量り売り店で、1~2ヶ月で飲みきってしまう量を購入します。

茶葉は鮮度が命です。新鮮な茶葉を扱うお店を探してみましょう。
よいお店を見分けるホウ素としては、次のようなものがあります。

・品揃えが豊富
・茶葉の種類や特徴、仕入れ先などの説明が丁寧にされる
・商品の管理がしっかりされている

このようなお店が良い茶葉を扱っている可能性が高いです。

茶葉は早めに使い切る

アルミ袋や缶に密封されている茶葉ならば、未開封状態であれば長期保存は可能です。

しかし、開封した紅茶は、できるだけ早く使い切りましょう。

茶葉は直射日光や湿気に弱く、他のモノの匂いも吸い込みやすいので、保管場所や保管方法には気を付けましょう。

茶葉の正しい保管方法

茶葉の正しい保管方法を知ることで、いつでも美味しい紅茶がいただけます。

紅茶の保管場所と保管の注意事項を列挙します。

・直射日光の当たらない場所で保管しましょう。
・高温多湿の場所を避けましょう。
・温度差の少ない場所がいいでしょう。
・茶葉はたいへん乾燥していて、他のモノの匂いを吸着しやすい性質があるので、匂いの強いものの近くに置かないように。
・冷蔵庫での保管は、食品の匂いが移るので、避けましょう。
紅茶の保管容器については、次の事柄に注意してください。
・茶葉は湿気が苦手なので、開封後はすぐに、密閉容器に移しましょう。
・密閉式容器でも、ガラスやプラスチックなどは、直射日光や電灯の光が入るので避けるのがいいです。
・紅茶の量に対して、容器が大きいと空気に触れるので、大き過ぎないようにしましょう。

いくら気をつけて保存していても、茶葉の劣化は避けられません。
鮮度を落とさないために、やはり短期間に使い切れる量を、必要に応じて購入するというのがベストなようですね。