紅茶のお供スコーンの作り方

紅茶のお供の代表はスコーン

紅茶の美味しい入れ方

紅茶に合うお菓子で思い浮かぶのは、まず第一にスコーンではないでしょうか。

理想的なスコーンは、狼が口を開けたような形をしているそうです。

日本ではスコーンを自分で焼くという人はあまり多くないかもしれません。
スコーンの作り方は、実はそれほど難しくないので挑戦してみましょう。

スコーンは、そのまま食べたり、ジャムつけて食べてもおいしいです。
スコーンの基本の作り方を習得すれば、アレンジはいろいろ楽しめます。

材料(スコーン10個分)

・小麦粉(薄力粉粉200g
・砂糖50g
・バター50g
・ベーキングパウダー小さじ2
・塩小さじ1/2
・牛乳120cc

スコーンの下準備

・小麦粉とベーキングパウダーは一緒に振るいにかけましょう。砂糖もふるいます。
・バターは2センチ角に切り、再び冷蔵庫へ入れておきます。
・天板にシートを敷き、オーブンを220℃に予熱。

スコーンの作り方

・ボウルに、分量の小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖を入れて混ぜ合わせます。
・角に切ったバターを加え、指でつぶすようにして混ぜていきます。
あまり練らないように注意が必要です。
・生地が、ポロポロの状態になったら牛乳を加えます。
この際にもさっくり混ぜ、練らないように。
・生地をラップに包み、冷蔵庫で30分ほどねかせます。
・台に打ち粉(分量外)をし、生地を1.5cmの厚さになるようにめん棒で伸ばします。
・伸ばした生地を直径5センチの丸型で抜きましょう。
・円い生地を天板に並べて、ツヤだしのために、表面に牛乳(分量外)をはけでぬります。
・これを220℃のオーブンで10~12分焼きます。