紅茶の美味しい入れ方

紅茶の入れ方「ゴールデンルール」紅茶はお湯を注ぐだけでも、色は出ますし、紅茶らしくなることはなりますね。しかし、紅茶の香りと味わいを引き立てるには、正しい紅茶の入れ方があるのです。

紅茶の銘柄の特徴

▼世界三大銘茶のひとつ、ダージリン:紅茶生産量世界一といわれる、インド紅茶の中でも、ダージリンはキーマン(スリランカ)、ウヴァ(中国)と並ぶ世界三大銘茶のひとつです。

紅茶の銘柄の特徴

紅茶の栽培が始められたのは、19世紀に入ってからのことでした。歴史は案外、古くないのです。19世紀にイギリスによって、当時イギリスの植民地であったインドのアッサム地方で始められたのです。

紅茶の等級と分類

生産地が紅茶の名称となる:紅茶の種類はさまざまありますが、その多くは生産地の名が名称となっています。紅茶の代表的なものを国別にみてみましょう。

紅茶の美味しい入れ方

紅茶の歴史

お茶が中国からヨーロッパへ伝わった当初は、緑茶でした。
発酵していない緑茶が、ヨーローパの人々の好みに合わせて、徐々に完全発酵した紅茶へと変化していき、大衆化していったのです。

紅茶の歴史

中国において茶は、飲み物として親しまれ以前に、薬として、それも不老長寿の霊薬として珍重されていました。6世紀以降になって、お茶はようやく、現在のような飲料として親しまれるようになります。

紅茶の歴史

茶の文化の発祥地は、中国であるといわれます。紅茶というは、お茶の一種です。
お茶の製造過程での発酵方法の違いによって、緑茶、ウーロン茶、紅茶の別ができるのです。

紅茶の等級と分類

茶葉の大きさや形による等級分類:紅茶の等級(グレード)は、まず、茶葉の大きさや形により分類されます。

紅茶の等級と分類

紅茶の等級というのは、紅茶の品質や味、香り、などの分類のように誤解されるかもしれませんが、実は紅茶の等級というのは、必ずしも品質そのものではなく、基本的に茶葉の大きさや形よって分けられるものなのです。

紅茶の等級と分類

紅茶を一段と深く楽しむために、紅茶の分類方法について学んでみましょう。
紅茶の分類方法は、大きく分けて3つあります。