紅茶のミルクは後か先か

紅茶愛好者の長年の疑問に決着が付いた

紅茶の美味しい入れ方

「紅茶のミルクは後か先か」という問題は、永年に紅茶愛好家の間で論争が続けられました。その、とうとう決着がつきました。

紅茶のミルク論争

イギリスでは長年にわたって(おそらく百年以上前から)、紅茶に関するおもしろい論争がなされてきました。

その論争とは、紅茶を飲むときにミルク(牛乳)を先に入れるMIF(Milk in First )か、あるいは後に入れるMIA(Milk in after )かということです。

後からミルクを入れるMIA派の人たちは、紅茶を入れたあとでミルクを入れる方が、ミルクの量を調節して、程良い濃度で飲むことが出来ると主張します。

逆に、先にミルクを入れるMIF派の人たちは、ミルクを後で足すと紅茶の風味が悪くなると主張するのです。

これはなかなかおもしろい論争で、紅茶を扱う会社や紅茶を愛する作家たちも、自社の宣伝やエッセイ作品などで、それぞれの意見を主張してきました。

例えば、イギリスの紅茶会社、トワイニング社は、「ミルクは先にいれるべき」だと主張してきました。

これは基本的に好みの問題なので、どちらでもいい気がするのですが、紅茶を愛するイギリス人が、毎日飲む紅茶への思い入れにユーモアを含めての論争でありました。

「完璧な紅茶のいれ方」で論争に決着が

しかしこの論争は、英国王立化学協会が2003年6月24日に発表した「一杯の完璧な紅茶のいれ方」で決着がついたようです。

「完璧な紅茶の入れ方」の、全10項目のうちの第8項目が、このミルク(牛乳)についての記述です。

これによると、先にミルク(牛乳)をカップに注いでから、後で美味しそうな色合いになるまで紅茶を注ぐというのが完璧ないれ方であると、科学的見地から断定されました。

先ミルク(牛乳)MIF派の方に軍配があがったのです。

その理由としては、牛乳のたんぱく質の熱変性ということです。

牛乳に含まれるたんぱく質は、温度が75℃以上になると熱変性が起きます。
この熱変性を如何にして少なくするかとうことが、美味しい紅茶につながるのです。

いれたての熱い紅茶に、あとからミルク(牛乳)を注ぐMIAにすると、ミルクにとっては急激な温度差になり、熱変性を起こしやすくなるのです。

逆に、先にミルクをいれるMIFの場合は、比較的に熱変性がおこりにくいということです。

科学的にはMIFが美味しいいれ方ということになり、長い紅茶ミルク論争に決着がつけられました。

喫茶店などでは、先にカップに入れられた紅茶が供されるので、あとからミルクを入れざるをえませんね。
しかし、自宅で、先ミルクMIFを試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加