紅茶の種類と特徴

紅茶の生産地が紅茶の名称となる

紅茶の美味しい入れ方

紅茶の種類はさまざまありますが、その多くは生産地の名が名称となっています。

紅茶の代表的なものを国別にみてみましょう。

インド産の紅茶〈生産量は世界一)

ダージリン(インド紅茶)

ダージリンは、世界三大銘茶のひとつです。(
世界三大銘茶とは、ダージリン、ウヴァ、キーマンの3つ。)

生産地はインド北部に位置する、標高2000メートルのヒマラヤ山麓にあるダージリン地方です。
ダージリン(地名)は現在はイギリス人の避暑地として栄えています。
抽出された紅茶の色はオレンジ色で、上品な香りと風味がそなわり、紅茶のシャンパンとも言われています。

アッサム(インド紅茶)

生産地アッサムは、インド北東部沿岸部にあり、ダージリンの東に位置します。

アッサム地方は、世界最大の紅茶の産地です。。

アッサムは生産量も多いのですが、茶葉もまた大きいのが特徴です。
抽出された紅茶の色は、濃赤色で、香りが芳醇でコクも濃厚す。多くはミルクティーに最適です。

ニルギリ(インド紅茶)

生産地は、南インドにあるニルギリ高原です。
ニルギニとは、現地の言葉で「青い山」と意味し、紅茶もすっきりとしたさわやかな味わいがあります。

抽出された紅茶の色は、赤みのあるオレンジ色です。

スリランカ産の紅茶

スリランカの紅茶生産量は世界第2位。

ウヴァ(スリランカ紅茶)

ウヴァは、世界三大紅茶のひとつ。
スリランカ南東部の山岳地帯ウヴァで、生産されます。

抽出された紅茶の色は、赤とオレンジの明るい中間色で、独特の強い渋みを持ちます。

高品質のウヴァは、紅茶を注ぐときに、水面の淵に金色の輪が見えます。
これを「ゴールデンリング」と呼び、紅茶ファンに尊ばれています。

ディンブラ(スリランカ紅茶)

生産地ディンブラは、ウヴァの反対側に位置する山岳地帯です。

抽出された紅茶の色はオレンジ色で、ウヴァとは逆に渋みのない柔らかな味とバラのような香りを持ちます。

ヌワラエリヤ(スリランカ紅茶)

生産地ヌワラエリヤは、スリランカが海抜が最も高い土地です。

抽出された紅茶の色はオレンジ色で、クセのない味わいがあり、花のような香りの強さが特徴です。

中国産の紅茶

キーマン(中国紅茶)

キーマンは、世界三大銘茶のひとつです。

抽出された紅茶の色は薄いオレンジ色で、香りは、蘭に似たスモーキーなフレーバーを発し、愛好者に尊ばれています。

ケニア産の紅茶

ケニアは、インド、スリランカに続いて、世界三位の紅茶生産量を誇ります。

生産地はケニア山周辺の高地です。

抽出された紅茶の色は濃い赤色。
渋みが少なくて、コクがある味を持っています。

それぞれの生産地の特徴が、紅茶の味や香りに反映されていますので、その特徴をよくわきまえると、豊かな紅茶生活を味わってください。