キーマン紅茶の特徴

キーマンは世界3大銘茶のひとつ

紅茶の美味しい入れ方

キーマンは、中国安徽(あんき)省の祁門(キーマン)県で収穫される茶葉です。
この地は、世界最古の紅茶産地として知られています。

キーマンは、ダージリン(インド)、ウヴァ(スリランカ)と並び世界3大銘茶のひとつで、「キーモン」「キームン」とも呼ばれています。

中国は紅茶発祥の地であり、紅茶生産量はインドについで世界第2位になっています。

しかし、中国内での紅茶消費量はごくわずかであり、紅茶生産量の約10%ほどで、残りの約90%は、輸出用にされます。

しかし、世界最大の人口を抱える中国人が、紅茶を大いに楽しむようになると、この事情も変わってくるかもしれませんね。

中国の茶葉は二種類:「工夫紅茶」と「分級紅茶」

中国の茶葉は二種類有ります。

一つは伝統的手法によるリーフタイプの「工夫紅茶」です。

もう一つは、ブロークンタイプの「分級紅茶」です。

「分級紅茶」は19世紀末にイギリス人によって開発された、近代的機械で作られる、ブロークンタイプです。
キーマンは伝統的手法によるリーフタイプの紅茶となります。

キーマン茶葉の収穫期は6~9月のみ

キーマン茶葉の収穫期は6~9月で、収穫期間が短いので少量しか収穫できません。
そのため貴重品となっています。

キーマンの最高級品は、8月に収穫される茶葉であり、高品質ゆえに驚くほどの高値が付くことがあります。

キーマン茶葉は、針状で 色は黒褐色をしています。
抽出された紅茶の色合いは、イエローがかった澄んだオレンジ色です。

キーマン紅茶は、タンニンの含有量が少ないので、渋みが少ないあっさりとした味となります。

キーマンは「中国茶のブルゴーニュ酒」

キーマン紅茶から漂う、蘭や薔薇の花のような香りに、ヨーロッパ人は、東洋的神秘を見出し、キーマンを「中国茶のブルゴーニュ酒」と呼んで珍重してきました。
一方、ダージリンは「紅茶のシャンパン」と呼ばれています。

ところが、このキーマン茶独特の、高貴なフレーバーが、近年の簡略化した製法によって香りの悪い粗悪品になると、スモーキーフレーバーを発するようになります。

蘭や薔薇の花の香りが、スモーキー(煙臭い)な香りになるのですから、やはり、製法は簡略化せずにしっかりと作ってもらいたいものです。

古来の複雑な製法によって作られた良質のキーマン茶であれば、キーマン紅茶の色、香り、風味を味わうために、ストレートティーで飲むのが適しています。