紅茶ジャムの作り方

紅茶ジャムをつくろう

紅茶の美味しい入れ方

紅茶の香りがふわっと広がる紅茶ジャムをつくってみましょう。

ジャムを作るときには、ジャムを固める役目をするペクチンが必要です。
ペクチンは、リンゴにふくまれるので、リンゴを使うと、ほのかな香りがただよう天然ジャムになります。

紅茶ジャム瓶1個分(約100ml)の材料

・紅茶の茶葉ティースプーン3杯、又はティーバッグ2袋
・紅玉リンゴ2個
・砂糖85g
・オレンジ(レモン可)絞り汁:大1

紅茶ジャムの作り方

1,濃く出した紅茶液を80ccをつくる。
100ccの湯で、5分ほど蒸らします。
紅茶をいれた後の茶葉を、スプーンで押して、さらに絞る。

2,リンゴは皮をむかないで、芯をとり、5ミリ角のサイコロ状に切る。

3鍋に水400ccをいれ、2のリンゴを加えたら、強火にかけます。

4,沸騰したら中火で15分ほど煮ます。(アクはこまめに取る)

5,りんごの果肉が透明になってきたら火を止めて、ザルでこします。
りんごが透明状になるまで煮るのがポイント。

6,鍋にりんごをこした液体(ペクチン液)を150cc入れ、1の紅茶液、砂糖、オレンジの絞り汁を加えて、強火にかけます。

7,鍋が沸騰したら、アクをとり、中火で10分ほど木べらでかき混ぜます。

8,木べらでかき混ぜていたものに、重みが出始めて、あめ色の泡が上がってきたら火を止めましょう。

スプーンにとって、サラサラと流れるなら、もう少し煮詰めるのがいいでしょう。

紅茶ジャムは、紅茶に入れてロシアンティーとして楽しむほか、カレーなどの料理に使ったりヨーグルトにかけても美味しくいただけます。