インド紅茶の特徴

紅茶の生産量世界一はインド

紅茶の美味しい入れ方

紅茶の栽培が始められたのは、19世紀に入ってからのことでした。
19世紀にイギリスによって、当時イギリスの植民地であったインドのアッサム地方で始められたのです。
紅茶の歴史は案外、古くないのです。

現在では、世界のお茶生産量の約30%をインドが占めています。

インドは紅茶の生産量では世界第1位なのですが、輸出量はスリランカ、ケニアについで第3位になります。

なぜかというと、インドは自国での消費量も大きいからです。
インドでは紅茶は日常的に飲まれています。
そのために、紅茶の消費量も大きく、世界最大の生産国でもあり、消費国でもあるのです。

インド紅茶は、生産地が紅茶の名称になっているものがほとんどで、ダージリン、アッサム、ニルギリなどは有名です。

ダージリン紅茶

ダージリンは、ウヴァ、キーマンと並ぶ、世界3大銘茶のひとつです。
ヒマラヤ山麓の標高2000メートルの高地で栽培されます。

独特な上品な香りと風味を備えており、愛好者はダージリンを「紅茶のシャンパン」と称して貴んでいます。

アッサム紅茶

インドのアッサム地方は、世界最大の紅茶の産地です。
歴史的にも、大量生産が最初に始められて土地でもあります。

ダージリンの東に位置するアッサム平原にあって、世界有数の多雨気候の土地でもあります。

茶葉は大きく、抽出された紅茶の色は濃い赤褐色です。

アッサム紅茶は、香りも芳醇で、濃厚な味とコクを持ちあわせていますので、ミルクティーにとても良く合います。

茶葉の収穫期は4月~11月。
1番摘みをファーストフラッシュと呼び、4月から5月にかけて行われます。

ファーストフラッシュでは、ダージリンと同じく、アッサム独自の特徴はやや薄くなります。

セカンドフラッシュ(2番摘み)は6、7月になります。
この頃の茶葉は、アッサム特有の濃い味をもち、最良品とされます。
やはり、程良く成長した頃が飲み頃のようですね。

ニルギリ紅茶

ニルギリはインド南部の山岳地帯です。
ニルギリとは、現地の言葉で「青い山」を意味します。

ニルギリは気候がよいため、茶葉の収穫は、一年中可能です。

その中でも、12月~翌年1月頃までに収穫されるものが、最高の品質といわれています。

この時期の茶葉は、ダージリンのファーストフラッシュに似た味わいを持つといわれるほど上質です。
ニルギリはくせがないので、ブレンド用として多く使われます。