お茶の始まりと歴史

茶の文化は中国から始まった

紅茶の美味しい入れ方

茶の文化の発祥地は、中国であるといわれます。

紅茶というは、お茶の一種です。
お茶の製造過程での発酵方法の違いによって、緑茶、ウーロン茶、紅茶の別ができるのです。

しかし、お茶の木の葉っぱを用いてつくられるので、緑茶もウーロン茶も紅茶も、みな同じお茶の仲間です。

お茶の発祥地が中国であることから、紅茶も中国から始まったということになります。
あらゆるお茶の歴史は、中国が発祥といっても言い過ぎではないでしょう。

お茶の起源はB.C2737年まで遡る

中国雲南省南部において茶の原種があらわれたのは、数千年前のことといわれています

古代中国の伝説上の皇帝である神農(しんのう)は、中国の山野に生えている草くさの効能を一つひとつ、自らの体をもって、毒になるか薬になるかを確かめていきました。
また、これら植物の効用を人々に伝えていったのです。

さらに、自らが発見した有用な植物の育て方を、人々に広く教えていったのです。

このため、医薬と農業を司る神、神農(しんのう)といわれています。

神農がお茶を初めて飲んだのは

神農のお茶の伝説によると、ある日、神農が百草を調べるために、森の中を歩いていました。
のどが渇いたために、木の陰で休んで、一服のためにお湯を飲もうとしました。

お湯を沸かしていると、近くの木から、はらはらと風に吹かれて、木の葉が舞い落ちてきて、お湯の中に入りました。

そのお湯は、かすかに黄色みを帯びたものになりました。神農は葉の浸ったお湯を飲んでみました。
すると、瞬く間に胸がすっきりと落ち着いてくるのを感じ、黄色に染まったお湯のすばらしい香りと味に魅了されたのです。

その時に舞い落ちてきた葉こそが、お茶の葉だったのです。

このようにして、神農によって、お茶というものが発見されたといわれています。

当時のお茶は、現在のような飲み物ではなく、むしろ「薬」として飲まれていました。
話としては、面白いですね。