紅茶の美味しいいれ方「ゴールデンルール」

紅茶の美味しい入れ方「ゴールデンルール」

紅茶の美味しい入れ方

紅茶はお湯を注ぐだけでも、色は出ますし、紅茶らしくなることはなりますね。
しかし、紅茶の香りと味わいを引き立てるには、正しい紅茶の入れ方があるのです。

このを紅茶のいれかたの基本を、「ゴールデンルール」といいます。
ゴールデンルールにそって、紅茶をいれましょう。

茶葉と水の量は正確に計る

紅茶の茶葉と水の量は正確に計ることが、美味しい紅茶を入れる必須条件です。

・紅茶のカップ一杯の水の量は150cc程度です。
・茶葉はティースプーン1杯(2~3g)

一人用のティーポットは、平均300ccほどの容量があります。
茶葉のおいしさを出すためには、上記の1杯分の水の量では少ないので、最低でも300ccは必要です。
茶葉と水の量を正確に測った上で、次に美味しく入れるコツは3つあります。

1.くみたての水を沸騰させて

紅茶をいれるお湯は、くみたての水を沸騰させましょう。
そして沸かしたてを使います。
くみたての水は、空気を沢山ふくんでいるので、この空気が、茶葉をしっかりひらかせるのです。

2.茶葉をしっかり蒸らしましょう。

蒸らす時間は茶葉により違います。
抽出時の温度を下げないことが、紅茶を美味しく入れるコツです。

蒸らす際には、ティーコジー(ポットカバー)やティーマットなどを使い温度が下がらないように保温をしましょう。

冬場は外気が冷たいと、すぐに温度が下がってしまうので、ティーポットとティーカップを事前に温めておくとよいでしょう。

3.ポットは化学変化がおこらないものを

ポットは陶器製か、耐熱ガラス、銀製のものを使用しましょう。
鉄製のものは、化学変化が起こり味がまずくなるので、使わないことです。

基本道具と紅茶のいれかたの流れ

紅茶を入れるために必要な道具と、紅茶のいれかた手順について解説します。

▽必要な道具
・ティーポット
・ティースプーン
・茶こし
・お気に入りティーカップ

▽紅茶の入れ方の基本的手順
 1.くみたての水をやかんで沸騰させる。
 2.お湯が沸騰したら、まずティーポットとティーカップに湯を注いで温めましょう。
 3.ティーポット全体が温まったら、お湯を捨て、分量の茶葉を入れます。
 4.ティーポットに、お湯を注ぎます。
 5.お湯を注いだら、すぐにティーポットのふたをして蒸らします。(蒸らす時間は茶葉によって調整します)
 6.蒸らし終わったら、ティーポットを持って、水平にに円を描くように回しながら、紅茶の濃度がポット内で均等になるようにします。
 7.茶こしで茶葉をこしながら、にティーカップに注ぎます。その際に複数のティーカップで紅茶の濃さが同じになるよう調整しましょう。
紅茶の最後の一滴は「ゴールデン・ドロップ」といわれ、紅茶の甘味成分がぎっしり詰まっています。紅茶は最後の一滴まで、きっちりと注ぎきってください。