茶葉のゴールデンチップとシルバーチップとは

紅茶のチップとは新芽のこと

紅茶の美味しい入れ方

紅茶の等級や分類を説明する際に、チップという言葉が使われます。

チップとは、茶葉の先端にくるんと丸まった状態で、葉が開いていない芽がありますが、この芽を芯芽といいチップとよぶのです。

チップの表面には細かい毛が生えています。
紅茶に加工された後も、この産毛が残っているモノもまた、チップとよばれます。

このチップの外側にも、白い産毛(うぶげ)が密生しています。
しかし、葉が成長するにしたがって、白い産毛は落ちてしまいます。

つまり、チップがあるということは、その茶葉が若いという印です。

産毛(うぶげ)が沢山生えている白い芯芽を、中国では「白毫 パイハウ」といっています。これがヨーロッパに伝わり、紅茶のグレードである、ペコーになったともいわれています。

シルバーチップとゴールデンチップ

自然乾燥させた芯芽を、シルバーチップとよびます。

そして、シルバーチップを製茶工場で発酵したタンニンの成分(紅茶液)で着色されて、金色にしたものをゴールデンチップと言います。

ゴールデンチップだけを集めたモノをゴ-ルデンチップス。
シルバーチップだけを集めて、シルバーチップスとよびます。

スリランカ(セイロン)では、ごく少量しかシルバーチップやゴールデンチップが収穫されないので、希少価値の高い高級品として販売されます。
日本ではシルバーチップやゴールデンチップを含む紅茶は、とりわけ冠婚葬祭の際に人気の商品です。

チップの味と香り

茶葉は1~2センチの長さで、先が細く針のような形をしています。
味や香りはとても淡いので、紅茶としての個性があまり感じられません。

したがって、ゴールデンチップだけを集めた紅茶よりも、ゴールデンチップが適量含まれる紅茶の方が、美味しく感じ、人気が高いのはこのためなのです。

ゴールデンチップの量が多く含まれるほど、紅茶の製品としては高級品になります。

ゴールデンチップが含まれる紅茶は、フルリーフタイプだけではありません。
ゴールデンチップを含めて、一緒に砕いたGBOP(ゴールデン・ブロークン・オレンジ・ペコー)という贅沢品があります。

チップを含む紅茶は、その新芽の成長力を貴んで、アラブ上流階級などでは不老長寿や滋養強壮などの薬効が期待され珍重されています。