紅茶はヨーロッパで大衆化

お茶は、当初は緑茶として広がった

紅茶の美味しい入れ方

お茶が中国からヨーロッパへ伝わった当初は、緑茶でした。

発酵していない緑茶が、ヨーローパの人々の好みに合わせて、徐々に完全発酵した紅茶へと変化していき、大衆化していったのです。

紅茶がイギリスで広まったのは、1662年にイギリスのチャールズ2世とポルトガルの王女キャサリンの結婚がきっかけでした。
英国王妃キャサリンは大変お茶が好きだったために、嫁入り道具として、中国のお茶や茶器道具、さらに当時では大変貴重であった砂糖を大量に持ちこんだのです。

王妃キャサリンは、貴重なお茶の中に、贅沢品である砂糖を入れて飲むというまことに贅沢なものでした。
この飲み方が、贅沢好きな貴族社会に広がり、喫茶という習慣がイギリスに根付いていったのです。

1689年には茶葉の直輸入を

イギリス人が、中国広東から茶葉の直輸入を始めたのは、1689年のことでした。

現在でも紅茶メーカーとして誰でもが知っている「トワイニング」は、この頃創業された「トム」から発展したものです。
「トム」はイギリス最古の紅茶商です。

1721年、イギリスの東インド会社によって、中国茶葉の輸入が独占されました。
この状態は、1813年の独占廃止まで続きました。

当時の紅茶の取引利益は莫大なものであり、大英帝国の基礎をつくったといわれています。
お茶は歴史に大きく関わっているのですね。

1730年代になると、イギリスでティーハウスが多く現れ、これにより紅茶は大衆化していきました。
そして、家庭でも紅茶が飲まれるようになり、マーケットでも人気を呼び、紅茶市場は拡大していきました。

1831年、インドのアッサム地方で、自生の茶の木をイギリス人が発見します。当時インドを植民地としていたイギリスは、東インド会社を使って、アッサム地方で、お茶の木の栽培を始めるのです。

東インド会社は、その後、植民地であったインドやセイロン(現スリランカ)に自社茶園をつくってお茶の大量生産をおこないました。