ダージリン紅茶の特徴

世界三大銘茶のひとつダージリン

紅茶の美味しい入れ方

紅茶生産量世界一といわれる、インド紅茶の中でも、ダージリンはキーマン(スリランカ)、ウヴァ(中国)と並ぶ世界三大銘茶のひとつです。

ダージリンは、上品な香りと風味を楽しみために、ストレートティーで飲まれることが多いです。
「紅茶のシャンパン」とも称されるほどで、まさに紅茶の王者と言えるかもしれませんね。

ダージリンは標高2000メートルの高地の霧で

ダージリンの生産地は、インド北東部ヒマラヤ山麓の標高2000メートルの高地にあります。

この土地は、昼間と夜間の寒暖差が激しいので、霧が発生します。
この霧のおかげで、ダージリン紅茶の独特の味と香りがつくりだされるのです。

さらに、雨季と乾季があるために、ダージリン紅茶の味わいが収穫時期によって違ってくるのです。

ダージリンの茶葉収穫期は3~11月

特に3、4月に収穫される茶葉を、ファーストフラッシュ(一番摘み、春摘み)と呼びます。

これは収穫量が少ないので貴重品とされています。
セカンドフラッシュのほうが味わいがよいと言って貴ぶ人も多いのですが・・・。

抽出された紅茶の色は、ゴールドに近い淡いオレンジ色です。
新芽が多く含まれるために、若々しい香りを持ち合わせ、ストレートティーに適しています。

5、6月に収穫される茶葉を、セカンドフラッシュ(二番摘み・夏摘み)と呼びます。
味、香りともに最も優れた最高級品です。
抽出された紅茶の色は、やや濃い目のオレンジ色です。

ダージリンのセカンドフレッシュは、マスカット(ぶどう)を口に含んだ時のような、香りを発し、マスカットフレーバーと呼ばれます。柔らかな甘みとスッキリとした後味が、紅茶ファンの人気を呼んでいます。

この風味を最も深く堪能するために、
「ダージリン紅茶のセカンドフラッシュは、ストレートティーで味わう」
と覚えておきましょう。

10月11月に収穫される茶葉は、オータムナル(秋摘み)と呼ばれています。
この時期の茶葉は厚みがしっかりあり、その結果、味に渋みが加わります。

抽出された紅茶の色は、やや赤みがかった濃い色になります。
この時期のダージリン紅茶はストレートティでその渋みを堪能するのもよろしいでしょうが、ミルクティーにしても美味しいです。