紅茶は中国から各国へ

紅茶の茶葉は、緑茶やウーロン茶と同じ木から

紅茶の美味しい入れ方

茶葉の原種は、中国雲南省から、チベット、ミャンマーに連なる山岳地帯に自生しているツバキ科の常緑樹です。

中国において茶は、飲み物として親しまれ以前に、薬として、それも不老長寿の霊薬として珍重されていました。

6世紀以降になって、お茶はようやく、現在のような飲料として親しまれるようになります。

10世紀に入ると、シルクロードや海路によって、中近東へ広がっていき、その後、ヨーロッパへも伝えられていきます。

シルクロードで広がっていった茶が「チャ」と呼ばれるようになりました。
一方、海路で広がっていったものは「テ」といわれました。

このために、現在でもインドやトルコなどの中近東では、お茶や紅茶を「チャ」「チャイ」と呼んでいます。また、イギリス、フランスなどヨーロッパでは、「テ」「ティー」といっています。

お茶がヨーロッパに伝わったのは16世紀から17世紀

お茶がヨーロッパに伝わったのは、それほど古い時代ではなく、16世紀から17世紀の頃です。当時、世界一の海上貿易国であったオランダによって、中国からヨーロッパに伝えられました。

元々は現在の紅茶ではなく、発酵していない緑茶が伝わったのです。

その不発酵の緑茶が紅茶になっていく経緯は、分かっていません。

一説によると、買い手の好みに合わせて、製造業者がウーロン茶などのお茶を発酵させる過程で、完全発酵の紅茶が生まれたのではないか、といわれています。

イギリスで「東洋の秘薬」として発売される

今日、紅茶といえばイギリスというほど、イギリス人に愛されている紅茶ですが、初めてお茶がイギリスで発売されたのは、記録によると1657年でした。

しかも飲料としてではなく『万病に効く東洋の秘薬』として売られていたのです。

1662年、イギリスのチャールズ2世がポルトガル王女のキャサリンと結婚しました。
このキャサリン王女は大変お茶が好きだったために、これを機にお茶が貴族社会に広がっていったのです。

18世紀にはいると、徐々にイギリスの貴族社会では、紅茶の人気が高まっていきました。