紅茶の美味しい入れ方

紅茶の歴史

お茶が中国からヨーロッパへ伝わった当初は、緑茶でした。
発酵していない緑茶が、ヨーローパの人々の好みに合わせて、徐々に完全発酵した紅茶へと変化していき、大衆化していったのです。

紅茶の歴史

中国において茶は、飲み物として親しまれ以前に、薬として、それも不老長寿の霊薬として珍重されていました。6世紀以降になって、お茶はようやく、現在のような飲料として親しまれるようになります。

紅茶の歴史

茶の文化の発祥地は、中国であるといわれます。紅茶というは、お茶の一種です。
お茶の製造過程での発酵方法の違いによって、緑茶、ウーロン茶、紅茶の別ができるのです。