紅茶の等級と分類

チップとは、茶葉の先端にくるんと丸まった状態で、葉が開いていない芽がありますが、この芽を芯芽といいチップとよぶのです。チップの表面には細かい毛が生えています。紅茶に加工後も、この産毛が残っているモノもまた、チップとよばれます。 ...

紅茶の銘柄の特徴

セイロン・ファイブ・カインズとは、以下の五種類の紅茶をさします。・ウヴァ ・ヌワラエリヤ・ディンブラ・キャンディ・ルフナ

紅茶の銘柄の特徴

◆「セイロン紅茶の女王」ディンプラ。ディンブラはウヴァと並ぶセイロン紅茶の代表で、「セイロン紅茶の女王」ともよばれています。

紅茶の銘柄の特徴

セイロン紅茶の高級品ウヴァは、セイロンティーの中でも、高品質の3大ハイグロウンティーの一つです。

紅茶の銘柄の特徴

スリランカの紅茶生産量は、インドに続き世界第2位です。
そして、紅茶輸出量は世界第1位を誇り、スリランカ産の紅茶は世界中で飲まれているのです。

紅茶の美味しい入れ方

紅茶愛好者の長年の疑問、「紅茶のミルクは後か先か」という論争に決着がつきました。その論争とは、紅茶を飲むときにミルク(牛乳)を先に入れるMIF(Milk in First )か、あるいは後に入れるMIA(Milk in after ) ...

紅茶の銘柄の特徴

◆キーマンは世界3大銘茶のひとつ。キーマンは、中国安徽(あんき)省の祁門(キーマン)県で収穫される茶葉です。この地は、世界最古の紅茶産地として知られています。

紅茶の美味しい入れ方

紅茶の入れ方「ゴールデンルール」紅茶はお湯を注ぐだけでも、色は出ますし、紅茶らしくなることはなりますね。しかし、紅茶の香りと味わいを引き立てるには、正しい紅茶の入れ方があるのです。

紅茶の銘柄の特徴

▼世界三大銘茶のひとつ、ダージリン:紅茶生産量世界一といわれる、インド紅茶の中でも、ダージリンはキーマン(スリランカ)、ウヴァ(中国)と並ぶ世界三大銘茶のひとつです。

紅茶の銘柄の特徴

紅茶の栽培が始められたのは、19世紀に入ってからのことでした。歴史は案外、古くないのです。19世紀にイギリスによって、当時イギリスの植民地であったインドのアッサム地方で始められたのです。