今年の漢字(2014年)は税、トップ10は、熱・嘘・災・・・

毎年恒例の「今年の漢字」(20124年)は、「税」と発表された。
2014年・今年の漢字は税

年末になると、京都の清水寺の貫主(森清範師が、清水の舞台で大きな看板に揮毫した文字は「税」でありました。(「今年の漢字」の揮毫は、練習無しのぶっつけ本番で行われるとか。)
投票総数16万票以上の中から選ばれた1位が「税」であったのは、やはり消費税が生活に大きくかかわったからでしょう。
10位に「妖」がランキング入りしているのは、妖怪ウオッチの大流行をうけてのことでしょう。

ちなみに、「今年の漢字」トップ10は次の通りです。(投票総数 167,613票)
・1位 税 8,679票 もちろん、消費税でしょ。
・2位 熱 6,007票 今年の夏は暑かった。
・3位 嘘 5,979票 ウソはいつものことじゃないの。
・4位 災 5,830票 広島の土砂災害をはじめ、各地で災害があった。
・5位 雪 5,474票 大雪がどっかと降ったので、こんなにも票が。
・6位 泣 3,050票 これはもう、元兵庫県議の野々村氏のおかげ。
・7位 噴 2,984票 木曽の御嶽山はじめ各地の火山が噴火した。
・8位 増 2,689票 何が増えたのかな。
・9位 偽 2,543票 偽りとウソはいつの世にも絶えない。
・10位 妖 2,327票 妖怪ウオッチが大流行したから。
ざっと眺めてみると、今年起こったことがらが目に浮かぶようですね。
「嘘」や「偽」などはしょっちゅうトップ10入りするはずですが、「妖」が10位にはいっているのが、珍しい。子ども達が「妖怪ウオッチ」で騒いだ年でしたね。
また「泣」が6位に入ったのは、野々村元兵庫県議の強烈な号泣シーンの故であって、この人のおかげで、日本中の自治体の不正があばからることになった。
とても珍しい漢字がトップ10入りした一年でありました。