引越しトラブル回避策

引越しトラブルを起こさない為に

引っ越し業者を選ぶマニュアル
引越しのトラブルで多いのが、引越し業者によって家具や新居に傷をつけられたり、雑に扱われて電化製品が故障したといった内容です。

大手の引越し業者は、保険に入っているから補償も完璧と思っていませんか?
確かに約款には、損害を補償しますといった内容が書かれています。

しかし、傷をつけられたからといって、新品や交換というのはありません。
あくまでも、修理のみのようです。

修理に出す間の保証として、代わりのものを持ってきてくれますが、経験者の方の多くは納得がいく内容の補償ではないようです。
なかには、クレームをつけると「うちが壊したわけじゃない」などと引越し業者に言われた方もいらっしゃるようです。

ひどいところでは「後で連絡します」と言ったきり連絡がない引越し業者もいるそうです。

では、泣き寝入りをせずに済む方法は、ないものでしょうか?

とある引越し業者の話では、引越し業者が傷をつけた時に、居合わせていること、なんだそうです。
でも、そうそうその瞬間に立ち会えるものではありません。

本人を目の前にして、荷物を雑に扱うこともないでしょうから。
一番良い対策は、引越し業者が梱包をする時や運ぶ時に、「これには傷がついていない」ということ「丁寧に扱って欲しい」ということを直接伝えることでしょう。

一生懸命、頑張っている引越し業者さんを責めるのは、良い気分ではありませんが、あちらも仕事ですから、ちゃんと分かってくれるでしょう。

引越し後、日にちがたてばクレームもつけにくくなります。
「おや?」と思ったことは、その場で解決していきましょう。