引越し業者への事前確認で追加料金を防ごう

引越しの追加料金の説明をしっかり聞く

引っ越し業者を選ぶマニュアル
引越しの料金については、見積もりの時点で、引越し業者としっかり話し合うことが必要です。

引越し代金というのは、見積もりで提示された金額以上、すなわち追加料金を請求されることはありません。
しかしながら、絶対というわけではないことを、頭に入れておきましょう。

では、どのような場合に追加料金を払わなくてはいけないのでしょう?
簡単に言えば、引越し業者に予定外の仕事が増えることがあった場合です。

例えば、新居の前の道が狭くてトラックが入れないとか、階段が狭くて玄関から荷物が入れられないかもしれない、などという、実際にそこに行ってみないと分からないことは引越し業者にあらかじめ言っておきましょう。

そして、その場合には「どのような対処をするのか?」「追加料金が発生するか?」などをしっかり確認しておきましょう。

あらかじめ申告しておけば、見積もりにその料金をいれるので、追加料金は発生しません。
また引越しの際に、エアコンの着脱を依頼する場合も、追加料金が発生する場合がありますので、注意しましょう。

エアコンはガスが抜けていると冷気が出ません。

ガスの補充は古いエアコンでなくても、される場合があります。

また、引越し先でパイプなどの長さが足りない場合にもパイプ交換などで追加料金が発生します。

これは、実際にやってみないと分からないものなので、引越し先で追加料金を請求されて騙されたと感じる人も少なくないようです。
引越し業者からも説明があると思いますが、見積もりの段階で納得のいくまで説明をしてもらいましょう。