意外と知らない!引越し時の冷蔵庫の扱い

冷蔵庫の整理は計画的に

引っ越し業者を選ぶマニュアル
荷造りで一番大変なのが、キッチン周りではないでしょうか。

たくさんの食器、使い切れていない調味料、冷蔵庫の内の食材などなど。
主婦が一番、頭を悩ませる場所です。

大抵の場合、冷蔵庫の中を減らすように、冷蔵庫の大掃除といって、何日も前から食卓に「食材使いきりメニュー」が並ぶのでしょう。

大手の引越し業者には、クール便で冷蔵庫の中身を運んでくれるところがあります。しかし、そうでなければ前日あたりに、箱詰めすることになりそうです。

ですから、クーラーボックスなどを利用して、梱包しておきましょう。
私にも経験がありますが、倒れたらこぼれそうなものなどは全て処分し、引越し先で新しく揃えたことがあります。
もし処分するのであれば、ゴミ出しの日にちには注意が必要ですです。

気をつけておかないと、ゴミ出しに間に合わずに、引っ越し先にゴミを持っていかなくてはいけなくなります。
冷蔵庫内の整理に関わらず、荷造りを早めに終わらせてゴミは処分していきましょう。

冷蔵庫を移動させる際の注意点

冷蔵庫内を整理したら、引越し前日の夜には、冷蔵庫の電源は切っておかなければいけません。

冷蔵庫の電源を切ると、霜が溶けて水になります。

引越し当日に電源を切ると、トラック中が水浸しになる、なんてことになりますから、忘れないようにしましょう。

引越し先で冷蔵庫を設置したら、すぐに中を冷したいですが、しばらくそのまま置いておきましょう。
目安としては、1時間ぐらいしてからのほうが安全です。

これは、冷蔵庫の中のガスを落ち着かせるためだと言われています。

また、引越し業者に頼まずに、自分達で冷蔵庫を運ぶ際には、横にしないで立てたまま運ぶ、ということも覚えておきましょう。

安全面を考えると、引越し業者に任せたほうが安心でしょう。