引越し荷物をまとめる段取り

荷造り後の段ボール置き場所を考える

引っ越し業者を選ぶマニュアル
引越しが決まったら、まずは荷造を始めましょう。

大手の引越し業者に引越しを頼むと、ダンボールを持ってきてもらえます。
まずは、これに普段使わないものから詰めていきましょう。

気をつけなければいけないことは、荷造りしたダンボールを置くスペースを確保するということです。
引越しまで日にちがあるのに、玄関付近に置いておくと、普段の生活に支障がでてしまいます。

なるべく玄関に遠い部屋を「荷造り後のダンボール置き場」に決めてしまうと後の荷造りがスムーズにはこびます。

荷造りの基本とコツ

ダンボールに物を詰める時は、どうしても重いものを大きなダンボールに入れてしまいがちです。
箱が大きい上に、入っている中身が重いと、運ぶどころか持ち上げることも大変になっていまいます。

重いものは小さい箱へ、軽いものを大きい箱へ、が荷造りの基本です。

荷造りしをしたダンボールには、中に何が入っているのか、さらに引越し先の運んでもらう部屋を書いておきましょう。

こうすることで、引越し業者さんもスムーズに作業を進めることができます。
また、あとで荷物がなくなるなどのトラブルを防ぐために、箱に番号をふっておくのが良いでしょう。もちろん、その際には、控えるのも忘れずに!

引越しのちょっとしたアイディア

引越し後、すぐに必要と思われる生活用品などは、旅行バッグに入れても良いです。

引越し業者さんに運んでもらわなくても、自分で運ぶようにしておくことで、荷物の到着が遅れても、とりあえずの生活には困りません。

破損しては困るようなものは、箱に「注意」「ワレモノ」などといった注意書きは必ずしておきましょう。
補償のトラブルは、引越し以上に神経を使い、疲れるものです。

気持ちよく引越しが終われるように、段取りはしっかりしておきましょう