日本通運の特徴(引越し業者を選ぶ)

日本通運は独自の梱包が魅力

引っ越し業者を選ぶマニュアル
日本通運の一番のお勧めは、『えころじこんぽハーフパック』です。

引越しの梱包といえば、ダンボールをすぐに思い浮かべますね。
しかし、引越し業者の日本通運では、ダンボールを使わないサービスを行っているのです。

どういう事かというと、日本通運が独自に開発したオリジナルの資材を使っているのです。
例えば、食器類を梱包する時には、一般的に一つずつ割れないように包んでからダンボールに梱包していきます。

しかし、日本通運は弾力性のウレタン材が入った、トランク型の収納庫に、食器を入れるだけなのです。

・引越しの前日まで食器を使うことも出来きます。
・一つずつ包む手間も省けます。

ですから、スピーディーに梱包作業が進みます。
オリジナル資材を使う引越し業者はたくさんありますが、このトランク型収納庫はお勧めです。

また、他にもいろいろな工夫がなさされています。
タンスは、引き出しを一段ずつ毛布でくるんだり、靴はオリジナルのシューズボックスを利用することで、引越し当日まで普段の生活を送ることができるのです。
荷物の梱包は、皆さん1ヶ月前から準備を始める方が多いようですから、このサービスは嬉しいですね。

日本通運は引越し後のサービスが充実

さらに、日通アシスタントサービスの会員になると、医療相談や法律相談、ロードアシスタンス、ホームアシスタンスなどのサービスを受けることが出来ます。

知らない土地で休日に病気になると、どこの病院にかかったら良いかわからないものです。そんな時に近くの担当医を教えてくれるので、小さいお子さんがいる家庭などには重宝しそうですね。

引越しのみならず、引越し後のサービスも充実していますから、至れりつくせりの引越し業者といえるでしょう。