ダンボールのかわりに衣装ケースが大活躍

引越しに役立ち環境にもよい→衣装ケース

引っ越し業者を選ぶマニュアル
引越しの荷造りは大変です。
お金をかければ、引越し業者が梱包を全てやってくれますが、なるべくならお金はかけずにやりたいですよね。
梱包にまず用意しなくてはいけないのが、ダンボールです。

引越し業者が無料でくれるサービスもありますが、それだけでは足りなくて困ったという人も多いようです。
引越し業者にすぐに追加を頼んでも、なかなか持ってきてもらえなかったり、追加料金を払わなくてはいけない場合もあります。

スーパーなどでダンボールをもらうのも一つの方法ですが、耐久性などを考えると引越しには、あまり向いていないようです。

こんな時にあると便利なのが、衣装ケースなんですよ。
これは転勤族で、引越しを何度も経験している知人が教えてくれたのですが、衣装ケースは中身が入っていなければ、コンパクトに重ねておくことができます。

引越しのちょっとしたアイディアとは

もちろん作りもしっかりしているので、重いものをいれても大丈夫!

また衣装ケースは透明なので、中に何が入っているかも一目瞭然です。

私も実際に引越しをする時には、衣装ケースが大変役立ちました。
キッチン用品、衣類、小物などすぐに使う物と使わない物を何個かに分けていれました。

使わない物は、そのまま収納庫へ・・・使うものだけを荷解きすれば良いので、とてもラクチンでした。
ダンボールならば使用後にはゴミとして出すか、引越し業者に回収してもらわなくてはいけませんが、衣装ケースならば何にでも使えます。

底に車輪がついていれば、さらに使い勝手が良いのです。

灯油缶ならば3缶入れる事ができますから、玄関から収納場所までコロコロと転がしていけばOK!
さらには赤ちゃんのベビーバス代わりにもなりました。

引越しに便利なものは、案外身近にあるのかもしれませんね。