仏滅の引越し料金は格安になる?

引越しの日取りはよく考えよう

引っ越し業者を選ぶマニュアル
普段は何も気にもしないのに、新しいことを始めようとすると、暦が気になる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

暦とは、六曜のことで大安・仏滅・赤口・先負・先勝・友引のことをいいます。

引越しをする際も、新しい生活をスタートさせるというので、気にするべきかどうか悩むところですね。
引越し業者によると、何をするにも日が良いとされる大安や、祝い事は良いとされる友引などは、特に人気があるとのことです。

特に、結婚などで新居に入る際には縁起を担ぐという意味もあり、周囲からも大安を勧められるでしょう。
しかし、暦を気にしないのであれば、仏滅の引越しを考えてもいいかもしれません。

なぜならば、引越し業者には仏滅時の引越し料金が、格安になるところがあるからです。

実際に、引越し業者に値引きの交渉をした時に、「仏滅ならば半額でいいですよ」と言われたことがありました。
周りの反対があって断ってしまいましたが、かなり後ろ髪を引かれる思いでした。

年度の変わり目は予約を早めに

また、引越しが集中するのは、大安などの吉日ばかりではありません。
3月や4月といった年度の変わり目は、就職、転勤、入学などで引っ越す人が多いため、引越し業者も多忙を極めます。
この時期に引っ越すことが分かっているなら、遅くとも1ヶ月以上前から予約を入れておいたほうが良さそうです。
さらに、この多忙な時期は社員だけでは人手不足になるため、アルバイトを使うことも多いです。
作業に慣れていない上に、1日に作業する軒数も多いので、作業の開始時間がずれることは頭に入れておきましょう。