引越し後の挨拶まわりの礼儀

挨拶まわりはなるべく当日に

引っ越し業者を選ぶマニュアル
最近は、隣に誰が住んでいるのか、分からない方も多いと言われます。

しかし、何がおこってもおかしくない物騒な世の中になった今、隣にどのような方が住んでおられるのか?だけでも知っておくといいですよね。

逆の立場からすると、どんな人が引っ越してきたのか、気になります。

引越しをしたら、ご近所に挨拶まわりをしましょう。
引越し当日は、引越し業者さんが荷物を運んだりして、迷惑をかけてしまうことがあります。
引越し業者さんの作業が終わり落ち着いたら、その日のうちに挨拶に伺うようにするのがよいでしょう。

もしも、引越し業者さんの作業中に近隣の方に会った場合は、改めて後で挨拶に伺う旨を伝えておくと、より印象が良くなることでしょう。

どこまで挨拶に行くのか

では、どこまで挨拶にいけば良いのでしょうか?

マンションであれば、自分が住むフロアの部屋(無理ならばせめて両隣)真上・真下の部屋の方へ。
一戸建てであれば「向こう三軒両隣」は、挨拶するようにします。

また、町内会長さんや大家さんなどがいらっしゃる場合は、挨拶をしておくと、後々の付き合いに角が立たなくていいでしょう。

挨拶まわりの品は

挨拶には、なにかしらのお品を持ってまわるものです。

引越しをしてきて「これからお世話になります」という場合、消えてなくなるもの(お菓子など)は避け、形に残るものにする、という話もあります。
しかし現在は気にする方も少なくなっているようです。

私などは、逆に、消えて無くなるお菓子や素麺などの方が気が楽です。

相手が留守がちな家庭だと何回挨拶に行っても、会えない場合があります。
お菓子などは消費期限の問題もありますから、生菓子は避けた方が無難かもしれませんね。