東京ディズニーランド「県民の日」は混雑する

東京ディズニーランドは近隣の県民の日には混雑している

東京ディズニーランド混雑を乗り切る術
東京ディズニーランドや、東京ディズニーシーというのは平日でも混雑している場合が多いです。

その理由の一つとして、近隣の県で行われている「県民の日&県民感謝週間」というイベントです。

この日は公立学校が休みとなるので、該当県意外の人は東京ディズニーランドに行くのを避けたほうがよいかと思われます。

平日だから空いているんじゃないか?と思っても小学生~高校生の生徒さんたちが、いっぱい遊びに来ています。

主に、混雑の影響を与える、県民の日を下記にご紹介しておきますので参考にしてみてください。

 6月1日:神奈川県
 6月15日:千葉県(地元なのですごい混み具合)
 6月15日:栃木県
 10月10日:東京都
 10月28日:群馬県
 11月13日:茨城県
 11月14日:埼玉県
 11月20日:山梨県

この期間の10日前後の間は、休日並の混雑と考えておいた方がいいでしょう。

この時期のディズニーランド攻略法ですが、この期間は子様連れのファミリーが多いです。

こういう方たちは、ショーやパレードが目当ての場合が多いので、この時間帯にアトラクションを乗るなど、皆さんと逆の行動を取ることをお勧めします。

子供に人気があるアトラクション「プーさん」、「ピーターパン」とか、「ミートザミッキー」などはファストパスも朝一番にするか、夕方以降にしましょう。

高校生などは閉園まで、めいっぱい遊ぶと思われるので、遅くまでアトラクションなどが混雑している場合もあるでしょう。