2017年大河ドラマは柴咲コウ・井伊直虎(おんな城主の一生)

花咲か話

2017年のNHK大河ドラマは、柴咲コウ主演の「おんな城主 直虎」と決まった。
井伊直虎という勇ましい名前だが、実は女性であり、女の身で井伊家の当主として戦国の世を駆け抜けた人物である。
大河ドラマおんな城主・井伊直虎
直虎の父・井伊直盛には男子がいなかったため、女である直虎は「次郎法師」と名付けられた。
「次郎」も「法師」も、井伊氏の2つの惣領名であった。この子に掛けた父の思いがいかに深かったかがよくわかる。
「次郎法師」には許嫁(いいなづけ)があった。父・直盛の従兄弟(いとこ)にあたる井伊直親であった。
ところが、井伊直親が讒言にあって主家の今川家に謀反を起こそうとしたと疑われ、信濃へ逃亡する。
そして信濃にいる間、に奥山親朝の娘を正室に迎えていため、直虎は婚期を逸することになった。
その後紆余曲折を経て、直虎と改名し、直親の遺児・虎松(直政)を養子として育て、その後見人として女性地頭となり、井伊家を支えた。
井伊直虎は、優れた政治手腕を発揮して、井伊谷徳政令などを行い。井伊家受難の時代を守った女性地頭として後世に語り継がれる人物である。
井伊直虎は、実態としては井伊家当主であったが、歴代当主の代数には含めないというのが慣例となっている。
おんな城主・井伊直虎を演じる柴咲コウは、眼光キリリとして適役であろう。
どういう演技を見せてくれるか、今から楽しみである。